社名の由来


こんにちは。388です。

 

今回は、株式会社KNEWの社名の由来を紹介したいと思います。

 

「KNEW」は、

knowの過去形の単語で"ニュー"と読みます。

そのまま、カブシキカイシャニューとお読みください。

…ほぼ聞き返されます。あまりにも読まれないので、名刺にフリガナをつけました。

 

 

この言葉にしたかったきっかけは、

2012年にさかのぼります。

 

その直前まで、神戸・三宮で仕事をしていたのですが

転勤で姫路・加古川の担当となりました。

当時の加古川は、

前会社の事業において、他地域が絶好調だったにも関わらず

まったく反対の『昨年対比が割れこんでいる地域』でした。

 

その時、上司から頂いたコメントは、

「この地域の事業の撤退も検討しながら、まずはやれるだけ伸ばしてみて」でした。

 

 

初めての街。

諸先輩方が作り上げてきたサービス。

それが僕たちの頑張り次第で、サービスが終わってしまうかもしれない状況。

すごく身が引き締まったのを思い出します。

 

 

いざ、お客様のところに足を運んでみると、

「サービスの効果不満」でした。

姫路・加古川は非常に効果がよいと評判で異動してきたのですが

フタをあけてみると、それは姫路だけで加古川は不完全だったのです。

 

そこで、当時のチームメンバーと一緒に、

「まずは新しく売るのではなく、今購入いただいている商品の満足度をあげよう」

と戦略をたてました。

東京・町田や神戸・三宮で習得していたテクニックは、

まだ地方では浸透していなかったからです。

 

 

前置きが長くなりましたが、

「KNEW」には、「人や街に力があることを知っているよ!知ってたよ!」

という意味をこめました。

 

加古川にて、いろいろなテクニックを駆使して、良いやり方をお伝えしても、

最初は「わたしたちは、ネットや高度なものは苦手やから」というマイナスの反応ばかりでした。

でも、粘り強く、代わりにやってあげてみせたり、やり方を教えて続けていると、

その効果を実感して、どんどんネットを使いこなしていただけたのでした。

 

都会だから良くて、地方だからダメ、ではなくて

地方にも力はあるのに、その表し方がわからないという課題の方が大きいと感じました。

 イメージ↓

 都会:能力 100 ⇒ 実際に表している力 90

 地方:能力 80 ⇒ 実際に表している力 20

 

 

そのような経験から、

「能力の発揮」とか「表し方」とか「力があることを知っている」

という意味の言葉を探し続け、

「KNEW」という言葉に出会いました。

 

・株式会社KNEW が1件もヒットしなかったこと

・ラッパー、KREVAのcleverのもじり方で「K」の文字が海外的にもイカしてること

・Kが私の名前の頭文字で、NEWという言葉とくっつけても意味が通ること

・sonyみたいな、あまり知名度のない英単語が、意味を持っていく過程を作りたいこと

 

というような観点も入っています。

 

 

長文となりました。

失礼します。