産業6次化のインターンの講師をつとめました


 

小浜市役所様よりご依頼をいただき、

道の駅「若狭おばま」様とともに

産業6次化のインターンシップ講師をつとめました。

 

 

産業6次化とは、

東京大学名誉教授の今村 奈良臣(いまむら ならおみ)先生が提唱した造語で

農林漁業本来の1次産業だけでなく、2次産業(工業・製造業)・3次産業(販売業・サービス業)を取り込む、

産業の1×2×3のかけ算の6を意味したものだそうです。

 

 

今回、

農林水産省主導で産業6次化のプロジェクトがスタートし

各市町村での事業化が進んでいたわけですが

そのなかの「マーケットイン(消費者目線)」というテーマの講師を

ご依頼いただきました。

 

 

ただ私自身は

6次化商品をつくった事業者ではなく

広告制作を通して様々な事業者様と

打ち手を考え実行・検証していただけでしたので、

下記のような棲み分けで、インターンを実施しました。

 

 

目的

1、販売の現場を体験することで、産業の6次化に必要な消費者目線を学ぶ

道の駅「若狭おばま」様担当

2、売り上げ予測と、結果検証、打ち手改善のサイクルを体験することによってビジネスに必要なPDCAサイクルを学ぶ

株式会社KNEW 佐久間担当

 

 

売り場を見て、数値を予測

データを見て、予測とのズレを検証

アンケートをとって、要因を分析

改善の打ち手を打って、その打ち手の結果と要因を検証

というサイクルを行い、

参加者3名の、農業従事者の方に3日間ワークをしていただきました。

 

詳細は割愛しますが、

結果は、理解度・活かせるイメージ共に

満点の評価をいただき

目的に掲げた2つに関する

様々な気づきのコメントをいただくことができました。

 

 

依頼型のセミナーということで

大変不安ではありましたが、

なんとか国・市・参加者に満足いただける内容となりました。

 

 

WEBサイト、広告、営業、人事制度、採用などが

主に行っている事業ですので、

これらの事業で、もしご興味ございましたら

ご連絡ください。

 

k.sakuma@knew.co.jp